FC2ブログ
未分類 | ご挨拶 | 今日は何の日 | 写真のはなし | 写真でひと言 | 夜のお店で | 昼のお店で | おひとりさま | 二日酔い | たばこ | 天然? | ドイツ | 好き | 嫌い |  |  |  |  |  | スポーツ | 本・映画・音楽 | 家族 | ニュース |  |  | テレビ | 仕事 | 
プロフィール

たこはし ゆきえ

Author:たこはし ゆきえ
ようこそ、いらっしゃいませ!
ゆっくりしてってくださいね!
平日はほぼ毎日、ゆる~く営業中です。
日曜祝日定休です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
182917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
43206位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スナックゆきえ
≪2010.07  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2010.09≫
FC2カウンター
FC2ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「 2010年08月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.28 Sat
夜の○○
 今夜は、円山動物園は夜も営業しています。

 夏の間だけ、週末は開園時間を延長しているので、夜行性の動物など、昼間とは違う動物の様子を観察することが出来ます。

 今夜が、今シーズンの夜の動物園の最終日です。

 私は仕事もあるので見に行けないのが残念です。

 それにしても、アタマに「夜の」ってつけると、普通の名詞もややアダルト色を帯びてくるように感じるのは私だけでしょうか。

 さて、今夜もお仕事!

 すすきのは、今宵も夜行性のヒト科のオスとメスが活発に動き回っています。

夕張路地裏
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
昼のお店で    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.27 Fri
 昔、仲のよかった女の子が飼っていた桜文鳥。

 一羽は普通に鳴くのですが、もう一羽の鳴き声は「ホケキョホケキョ」。

 文鳥なのにどうして???と思って彼女にそのことを伝えたのですが、驚いたのは、彼女の家族は誰一人としてそのことを気にかけていなかったことです。

 たいしたことじゃないかもしれませんが、おかしなことでもあまりに身近だと、案外気付かないものです。

イノダコーヒー

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.26 Thu
もう少しだけ
 トンボが飛んでるのを見た。

 アウトレットモールのオータムフェアのコマーシャルがテレビで流れてた。

 もうすぐ8月もおしまい。

 今度、海にキャンプに行くんです。

 できれば、さらにあと何度か海に行きたいんです。

 今年の8月、ちょっと延長できませんかね?

 8月50日ぐらいまでにできませんかね?

 そのぶん9月は、私の誕生日なくなっちゃうけど、10日まででいいから。

 夏の終わりは、どうにもこうにもしょっぱくていけません。

結婚式

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
嫌い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.25 Wed
可愛がってたつもり
 今は亡き私の祖父は柳川丼が好きで、こちらもまた今は亡き祖母が時々作ってあげていました。

 メインの食材のドジョウはスーパーでは手に入らないので、ドジョウを養殖しているところへ直接行って、活きのいいのを仕入れます。

 ピッチピチの元気いっぱいのドジョウは生きたまま調理されるのですが、当時小学生だった私にはそれが可哀想で見ちゃいられなくて!

 丼にされる前に、何匹か小ぶりのドジョウをもらって飼ってあげることにしました。

 なぜ小ぶりのドジョウを選んだのかは今となっては定かではありませんが...。一体、何基準だったのでしょうか。

 祖父母の家から実家に連れ帰ったドジョウは、祭りの戦利品の金魚が暮らす水槽へ。

 両者は同じ水の中で仲良く暮らしていましたが、なんせ飼い主がだらしなくて。

 飼い始めた当初は居間に置いてあった水槽は、そのうち玄関へ引っ越し、最終的にお風呂場の片隅で落ち着くことになりました。

 なぜお風呂場かというと、水槽を洗うのがお風呂場だから、楽だから...。

 そして金魚が死んでから、ドジョウの世話が億劫になっていくのはあっという間でした。

 丼にされる運命から救ってあげたドジョウの住む水槽はいつしか透明度ゼロの緑の箱と化し、湯船に浸かる私を静かに責める存在へと変貌を遂げていきました。

 水槽が苔むしてからどれくらい経ってからでしょうか。

 意を決して水槽の掃除をしようとすると、なんと!ドジョウが生きていたんです!

 なんという生命力!

 結局、ドジョウは近所のダム(実際はダムと呼んでいただけで、沼のような池)に放流してお別れしました。

 あのドジョウの一生とは、一体なんだったのでしょうか...。

 名前でもつけていれば、もうちょっと可愛がってあげられたかしら?

鹿


 

 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.24 Tue
 毎日というわけにはいきませんが、体力増強のための7月からのジム通い、週1~週3ぐらいで細々と続けております。

 毎度やることは同じなのですが、不思議なことに、日によってしんどさが全然違うんです。

 ランナーズハイ、という言葉は聞いたことはありましたが、私の場合もこれじゃないかと思います。

 マラソンなどで長時間走り続けていると、脳内で、いわゆる脳内麻薬のエンドルフィンが分泌され、気分が高揚してくるのがランナーズハイ。

 調子がいいときは、自分でもびっくりするくらい、まだまだ早く、もっともっと長く走れる気がするんです。

 走っているのがとにかく気持ちがよくて楽しい。

 ところが、私も少しは体力ついたのかしら?なんて思って次の日、前日とまったく同じメニューを消化しようとすると、どうも気分が乗らない。

 走るのは辛いし、時間が経つのが遅く感じて、時計が気になって仕方がない。

 いつも、ほとんど同じ条件、同じ環境で運動しているのにどうしてなのでしょう。

 できることなら、毎度ドーパミンを出したいところなんですが...。

 どうしたら自力で出せるのでしょうか。何を食べればいいのかな?

 それにしても、走って若干ハイになっているときの感覚から考えると、麻薬って恐ろしいなとつくづく思います。

東急イン駐車場入り口付近




 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
スポーツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.23 Mon
失恋
 初めて見たのは中学生のころ。

 「振り返れば奴がいる」というドラマでした。

 織田裕二と石黒賢が主演の、病院を舞台に性格の対照的な優秀な二人の医師が戦う物語です。

 ドラマそのものも面白くて毎週楽しく見ていたのですが、どSなキャラで腕はピカイチの白衣を纏った織田裕二にすっかり心を奪われてしまい、食い入るようにテレビに見入る、毎週水曜日の夜。

 小学生のころ好きになった光GENGIの持ついかにもアイドルなのとは全然違う魅力に、ウブな私はすっかり夢中になってしまいました。

 加賀丈史も、このドラマを見て好きになりました。

 思春期の女子は、どうして悪に惹かれてしまうのでしょうか...?

 ただ、私は演技をしている織田裕二が好きなので、歌や世界陸上の司会としてテレビに出ていても全然興味が湧きません。

 ファンクラブに入っていたわけでもなく、出演作品も、見たり見なかったりで熱烈なファンとは言えません。

 それでも、やっぱり寂しさを感じずにはいられない自分がいます。

 「好きな芸能人は?」と聞かれて答えるときのただ一人の独身男性だったのに!

 ホモって噂はやっぱり嘘だったのかしら?

 事件は現場で起きてるのね~。テレビの画面越しじゃ気付けません。

ポニーかと思ったら道産子


 

 

 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
好き    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.21 Sat
 昔々、中学生の頃にニキビに悩まされて通院していた時期がありました。

 正確に言うと、私自身は特に悩んでいませんでしたが、姉に、将来のために皮膚科に行って治してもらって来い、と命じられて、面倒臭がりながらしぶしぶ病院に行ったのですが。

 病院での治療は、夜空に輝く星のように私のおでこに点在するニキビを、ピンセットのようなものでひとつづつチクチク潰されるというものでした。

 塗り薬と、皮脂がごっそり取り除かれる洗顔石鹸を処方され、遣い続けながら数回通院していると、いつの間にか、痕が残ることもなくニキビはきれいさっぱり治っていました。

 おそらく年齢的にもホルモンバランスが崩れていたりしたせいのニキビだったのでしょうが、今思えば、姉の適切な指示に感謝です。

 そんなこともありましたが、三十路になってからはさっぱりいわれなくなりましたが、二十代のころは肌がキレイだとよく褒められました。

 でも、肌がキレイって、一体どういうこと?

 思うに、私の場合は別にキレイじゃなくて、単に強かった、逞しかったってことじゃないかなと思います。

 化粧品にこだわっていた時期もありましたが、多分何を使っていたとしてもそんなに変わらなかったような気がしてなりません。

バラ

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
天然?    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.20 Fri
お帰りなさい
 先日、昼の職場でゴミ捨てに行ったときのこと。

 スタッフの若い女の子と裏口の扉を開けてゴミ箱の方に顔を向けると、地面からひょっこり顔を出している何かが...。

 まるでモグラ叩きのモグラのようなそれは、アオダイショウでした。

 先日、ネズミを口に含んだまま裏山に捨てられたアオダイショウが帰ってきたらしい。

 キャーキャー言う彼女の様子と、とぼけた顔したアオダイショウを見てゲラゲラ笑っていると、そのうち穴の中に引っ込んでしまいました。

 最近、店ではネズミが出なくなったらしいです。

 頑張れアオダイショウ!大きくなれよ!

すすきの・市電線路


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
昼のお店で    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.19 Thu
自由研究
 私の通っていた小中学校では、普段、宿題がほとんどない学校でした。

 しかし、夏休みや冬休みともなるとさすがに、各教科から、ドリルや書き取りや作文などといったノルマをしっかり課せられます。

 規則正しい生活を送り、宿題をきちんと消化できるように、休み前には毎日の起床時間から就寝時間に至るまでの過ごし方の計画表も毎度書かされました。

 これがね、できないんです!

 日記や宿題はほとんど提出したことがありません。

 夏休み明けからしばらくは、「忘れてきた」の一点張りで、ほとぼりが冷めるのをひたすら待ちます。

 提出したものが皆に返されているとき、とぼけた顔して席に着いてますが、その後ろめたさはなんともいえないものがあります。

 自由研究は、始業式の前日に母親に手伝ってもらいながら徹夜で巾着袋を作るのが定番でした。

 柄、大きさなど微妙に違いますが、毎回同じものです。

 長期休暇中にしなければいけなかったのは、お勉強以上に、ある何かだったのだろうと思います。

湾岸署ラーメン


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
嫌い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.18 Wed
お盆休み
 お久し振りです!

 皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?

 私、昼も夜も連休だったのは正月以来、映画を観たり買い物したり掃除をしたりと、籠り過ぎず出かけ過ぎず、ほどよくダラダラと快適に過ごしました。

 今年は残暑が厳しくなるそうで、お盆が過ぎた今もまだ夏の終わりを感じることはなく、夏好きな私には嬉しい限りです。

 まだ、海で泳いでないしね~。

 ビアガーデンに行けなかったのが、若干心残りとなっております。

 北海道は、雪が降るまでが夏!秋などございません!

サンダルたくさん


 まだまだ、遊ぶ気に満ち溢れてます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.14 Sat
それ、おいしいの?
 今はお盆、テレビのニュースでは、全国各地で起きている帰省ラッシュの大渋滞、大混雑が連日報道されています。

 私の両親は、一人っ子だったり、兄弟姉妹がいても独身だったりするので、親戚がほとんどいません。

 夏休み明けに友達と話題になるのは、休み中の思い出。

 海・山に行ってキャンプをした、花火をした、テーマパークに行った、海外旅行に行った(いいなぁ~!)、などなど...。

 お盆に親戚が集まって、いとこと遊んで楽しかった、とか。

 でも、私にはいとこがいません。

 心の中をかすめる、「いとこってなんだ?」という疑問。

 なぜ、同じ年くらいの子供が大勢親戚にいるのか、頭の悪い私には意味が分かりませんでした。

 私は、親戚=大人、というものだと思い込んでいたのです。

 それが何か分かったのは、かなり大きくなってから。

 親族が大勢集まってワイワイする楽しさを知りませんが、身内だからこそ時に煩わしい親戚付き合いも経験ありません。

 友達でも、兄弟でもない、でも、ちょっと血がつながってる存在、いとこ。

 もしいたら、どんな感じなのかしら?顔とか微妙に似てるのかしら?不思議!


 お知らせ:スナックゆきえは、15(日)・16(月)・17(火)の3日間、お盆休みとさせていただきます。

トドック

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.13 Fri
トラウマ
 最後に行ってから、もう1年以上になります。

 そろそろ行っとかないとと思ってはいるんですが、特に痛むわけでもなく、ついつい先延ばしにしてしまっています。

 そこは歯医者。

 歯科助手が好き、そそられる、という男性や、歯科医師?紹介して!という女性はたくさんいると思いますが、歯医者が好き、という人に会ったことは今までにありません。

 私は、小学生から高校生まで歯並びの矯正をしていて、月に一度は歯医者に通っていました。

 中学生の頃、いつもは歯の表面に器具をつけてワイヤーを通すのですが、その日は歯の裏側にも歯の器具をつけられました。

 しかし、その器具の按配がどうも悪い。

 舌に刺さる感じがして,チクチク痛くてしょうがない。

 しかも、その状態で歯を削られました。

 そして、悲劇は起きました。

 器具が舌に刺さりそうになってチクリとして、ビクッとしてしまったその瞬間、歯ではなく、私の喉の入り口がザックリ削られてしまいました。

 痛いと感じるより先に涙が溢れ出しました。

 激しい出血と共に走る激痛、治療は一時中断。

 結局歯の裏側の器具は取り外されました。

 私も相当なダメージを受けましたが、それよりも、当時中学生の私が見ても、先生のショックの受け方のほうが大きかったようでした。

 つばを飲み込むのも辛いくらいの痛みを伴う傷で、当日は食事もできませんでした。

 その日の夕食がすき焼きだったのに食べられなかったのは、今でも憶えています。

 それ以来、歯医者が怖くて仕方ありません。

浴衣姿


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
嫌い    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.12 Thu
夢は叶ったけど
 ラーメン、蕎麦、うどん、パスタ、冷麺などなど...。

 麺類最高!

 そうめんも、好きな麺類の中のひとつです。

 子供のころ、白い麺に混じる緑やピンクの麺にプレミア感を覚え、食卓で姉弟と奪い合いのケンカをしたりしたものです。

 先日、そうめんを食べようとして鍋の湯が沸くのを待つ間、揖保の糸の袋を手に取ったとき、ふとそんなことを思い出しました。

 今は私も大人で一人暮らし、好きなものを好きなように作って食べても文句を言う人は誰もいません。

 そこで、色のついた麺だけを茹でてみることにしました。

 数分後に出来上がったカラフルそうめんの出来栄えはというと...。

 ピンクと緑とめんつゆがコラボレーションすると、どぶ色になるということが分かりました。

 料理は見た目も大切。

 心の中でごめんねとそうめんにつぶやき、気持ち美味しさ半減してしまいましたが残さず平らげました。

シャドーカップル
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.11 Wed
そうだったのね
 先日、友達が遊びに来たときのこと。

 メールを打っていた彼女の携帯、電池が残り少なくなってきてしまいました。

 「充電する?」

 私は彼女の携帯と充電プラグを繋ぎました。

 しばらく話し続けて、トイレに行って戻ってきたら、充電プラグが全然違うところに刺さっていました。

 「おや?」という顔の私に彼女がひと言。

 「コンセントに刺さってなかったよ...。」

 どおりで、充電してるはずなのに、夜、店に行ったらすぐ電池が減るはずだわぁ~。

 全然気がつかなかった自分にガッカリでした。

戦闘機雲

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
天然?    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.10 Tue
部活にかける青春
 喋るのが(も?)ゆっくりだとよく言われますが、こう見えて、体を動かすのは意外と嫌いじゃありません。

 高校生のころはアルバイトに励む日々でしたが、中学生時代は陸上部に所属していました。

 私の母校の校風自体、上下関係はゆるい感じで、とりわけ陸上部のような個人競技の部活は、ほかの、野球部やバレーボール部、バスケットボール部などと比べるとなおさらです。

 団体行動が苦手な私でも、3年間続けることができました。

 ちなみに、一年生のころは800M、そして走り高跳び、走り幅跳びと、進級すると共に競技を変えました。

 理由は単純、辛かったから、飽きたから...。

 残念ながら北海道代表は負けてしまいましたが、今はちょうど甲子園の時期。

 高校球児を見ていたら、私も部活をしていたころを思い出しました。

 ただし、ベンチで固唾を呑んでゲームの行方を見守る選手を見てではなく、ベンチの外で、ちょっかいをかけ合ってニヤニヤしてる部員を見て、です。

 ほんと、体を動かすのは嫌いじゃなかったんですけどねぇ...。

線路

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
スポーツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.09 Mon
よせばいいのに
 私は、とっても怖がりです。

 お盆に向けて、テレビでは怖い話しや心霊写真、心霊スポットリポートなどの番組が増えてきています。

 怖がりなはずなんですが、これがついつい見てしまいます。

 シャワー浴びるときに後ろが気になっちゃうの、寝るとき電気消せなくなるの、分かってるはずなのに...。

 若いころ、友達同士で怖い話しをしては盛り上がり、心霊スポットへドライブに行ってみたり。

 行く前はノリノリなのですが、到着するともう怯えきっていて車から出られません。

 いつもそうなのに、分かりきっているのに、また行きたがる。また見たがる。また聞きたがる。

 ドキドキは麻薬です。

 そういえば、ドイツで日本の怖いテレビ番組のビデオを見たときは、確かに怖かったけど、見た後はへっちゃらでした。

 ドイツ人のオバケに驚かされるって、ピンとこないからかしら?

熟成中

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.06 Fri
ここはどこ?私はゆきえ。

私は、自他共に認める方向音痴です。

地図が読めない女です。

5分で到着できる所に1時間かけて行ったこともあれば、目的地に辿り着けなかったこともあります(涙)。

子供の頃は、札幌大通りの地下街のポールタウンとオーロラタウンを何度間違えたことか!

紀伊國屋に行きたいのに、着いたのはすすきの。

私、またやっちゃった?

あぁ、心細い...。

最近は、もしかして人生の迷子ちゃんでもあるんじゃないかと思い始めています。

道を間違えたのはいつ?

でもいいの!おかしいなと思ってもポールタウンを突き進んだように、前進あるのみです。

未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.05 Thu
夏の
 明日からすすきの祭り。

 大好きな浴衣を着られるのも、今シーズンはこれで最後。

 自分では着られませんが...。

 まだまだ暑いけど、夏のイベントが終わっていくのは、どうしても寂しい気持ちになってしまいます。

 冬の終わりはあんなに嬉しいのに!

 夏にまつわるものは、儚いものが多い気がします。

 花火とか、蝉とか、夏祭りとか、ひと夏の思い出とか...ね。

 年中酔っ払ってばかりの私には、季節なんて関係ないかもしれませんが。

 日焼けの跡をなぞって心によぎるのは、思い出?それとも傷跡かしら?

 夏の季節は、暑さのせいか、根拠なく何かを期待させます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.04 Wed
整形した?
 先日のヤクルトラーメンと共に話題になった商品がもうひとつ。

 その名は、「メッコール」。

 麦から作られた、黒ビールのような色の炭酸入り清涼飲料水です。

 子供のころ、近所のお家から1ケース頂きました。

 ところがこの味が...。目が飛び出るほどまずい!あまりのまずさにゲラゲラ大爆笑。

 そのまずさは、「いただきものだから。」と言う両親の眉間にも、コインでも挟めそうなぐらいのかなりの皺が寄るほど。

 私たち三姉弟は、完全に罰ゲームで飲むものとして扱ってました。

 こちらの知名度はいまひとつでしたが、その場で調べてみたら、現在でも購入できるとのこと。

 勇気あるお客様が、購入して持ってきてくれました。

 私は、やっぱりおいしくなかったのですが、周囲の反応は微妙...。

 意外とへっちゃらな意見が多くてびっくりしました。

 でも、納得いかない!

 私が飲んだのは20年以上も前の話。

 絶対、味が改良されているとしか思えません。

戦闘機


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.03 Tue
検索は、「ヤクルトラーメン」
 昨日、夜のお店で話題になったある商品。

 ヤクルトラーメンってご存知かしら?

 私の家でも一時期配達してもらっていたヤクルト。

 毎年食卓の壁にかけられていたのはヤクルトのカレンダー。

 私の危うい記憶によると、カレンダーの隅には、確か、とても小さいけれど商品の写真がついていたような...。

 でも、ラーメンなんて見たことないです。

 ところが、美味しいかはともかく、知名度はけっこう高いようです。

 知ってる!っていうのは聞いたけど、食べたことあるってのは聞かなかった気がします。

 ネットで調べてみたら、普通に販売されているようです。

 クロレラ入りがポイントです! さすがヤクルト、健康志向!

 ちなみに、ヨーロッパでもヤクルト売ってるんですよ~。

 乳酸菌はインターナショナルなのです。

カバ


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
   Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.02 Mon
好き嫌い
 私は、食べ物の好き嫌いはほとんどありません。

 虫以外なら、大抵のものは食べられます。

 しかし、一度、イナゴの佃煮を食べたことがあります。

 食べず嫌いというわけではないのです。

 友達から、「面白いものが手に入ったから来い。」という非常に胡散臭い誘いを受けて、興味本位で訊ねてみることにしました。

 目隠しをして、何を食べたか当ててみて!と言われ、「なになに~?虫は無理だけど、それ以外なら何でもたべれるよ~(笑)」と言ってテーブルに着く私。

 アイマスクを着けてパクリとほおばったそれは、小魚の佃煮としか思えない味。

 ご飯がほしいぐらいに思っていましたが、アイマスクを外してびっくり!

 イナゴそのものにはもちろんショックを受けましたが、ほとんどが調味料の味のせいかもしれませんが、魚の佃煮と味が変わらないことに驚きました。

 だけどもねぇ...。

 料理は見た目も大切。

 普通に美味しいと分かっても、見てしまってからはやっぱり口にはできませんでした。

注意

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
嫌い    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。