FC2ブログ
未分類 | ご挨拶 | 今日は何の日 | 写真のはなし | 写真でひと言 | 夜のお店で | 昼のお店で | おひとりさま | 二日酔い | たばこ | 天然? | ドイツ | 好き | 嫌い |  |  |  |  |  | スポーツ | 本・映画・音楽 | 家族 | ニュース |  |  | テレビ | 仕事 | 
プロフィール

たこはし ゆきえ

Author:たこはし ゆきえ
ようこそ、いらっしゃいませ!
ゆっくりしてってくださいね!
平日はほぼ毎日、ゆる~く営業中です。
日曜祝日定休です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
92474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24207位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
スナックゆきえ
≪2018.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2018.12≫
FC2カウンター
FC2ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
「ドイツ 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2011.06.21 Tue
夏時間
 節電のため、サマータイム制度の導入や休日を変更している企業があります。

 ヨーロッパをはじめ、いくつかの国ではサマータイムが実施されています。

 私はドイツにいたので、サマータイムを経験していますが、これがけっこうややこしい。

 時計の時間を変えるのも、あれ?進めるんだっけ?遅らせるんだっけ?ってこんがらがったり、すっかり忘れて1時間早く出勤したり。

 時間変更時には、今までの生活リズムがずれることで体調を崩す人が増えるんだそうです。

 夏のドイツは日照時間がとっても長いので、サマータイムで1時間時計の針が進められると、ピークのころは11時ごろまで外は明るいんです。

 仕事のあと、照りつける太陽の下ライン川沿いでラッパ飲みするビールは格別でした。

 でも、時間そのものを変えちゃうってどうなんでしょうか。

 企業や学校の始業時間を変えればいいんじゃないのかなって気がします。

P5180038.jpg


 

 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
ドイツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.11.26 Fri
 ドイツにいた約3年間、ずーっとドイツ嫌いのホームシックでしたが、いいなと思うところもありました。

 その中のひとつは、食べ物屋さんにも入れたりと、ペットを伴っての行動範囲が広いところです。

 あちらではペットの躾がたいへんよく行き届いていて、飼い主が食事とおしゃべりに夢中になって過ごしていても、ほったらかしにされたワンちゃんはその傍らでおとなしく待っています。

 行儀の悪い犬を連れて歩こうものなら、飼い主が周囲の非難の視線で串刺しになってしまいます。

 職場の先輩が犬を飼っていましたが、確か最初に犬を躾の学校みたいなのに入れて、先輩自信も指導を受けてたような気がします。

 詳しいことは分かりませんが、動物の販売業や繁殖に関する法律も厳しく定められていたり、殺処分されることは基本的にはあり得なかったりと、ペットとの関わり方に対する意識がだいぶ違うようです。

 日本が、人だけでなく、ペットも安心して暮らせる国になっていったらいいなと思います。

 ドイツ、いい国ですね!なのに、なぜ悪口の方が流れるように口から出てくる...?

ゴエモン


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
ドイツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.06.16 Wed
地元顔...してる?
 以前、テレビでお笑い芸人の誰かが、「普通にしているのに、よく職務質問をされてしまう。どうやら自分は犯罪者顔らしい。」というような話しをしていました。

 私は職務質問なんてされたことはありません。あれって、一体何を聞かれるんですか?知ってる人、教えてください!

 私は、警察官には声をかけられませんが、なぜだか道を尋ねられることが多いです。

 札幌に限らず、ドイツにいたころもそうでした。

 周りには肌の白い金髪の地元人らしき人はいくらでもいるのに、なぜ、どう見てもアジア人の私を選んで道を聞く?

 ドイツ語が話せない私は、知っていたとしても道順の説明なんてできるはずもなく、答えはいつも「知りません」でした。

 不思議なもので、同じ日本人でも、ドイツに住んでいるか観光客か、見分けがつきました。

 ここが違う!とか、ここがこうだから!っていうんじゃなく、なんとなーく違うんです。

 日本人か他のアジア人かも分かりました。やっぱり、なんとなーく違うんです。

 私はどうして地元人っぽく見えるのでしょうか。

 気の抜けた顔で歩いてるのかしら?

 道を聞かれるのに声をかけられるのばっかりで、ナンパもなければホストにも話しかけられることはありませんけどね...。

線香花火


 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
ドイツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.06.02 Wed
食文化のいろいろ。
 私は23歳から26歳のころの3年間、ドイツのデュッセルドルフというところの寿司屋で働いていました。

 北海道新聞の求人広告で従業員を募集しているのを見て、ドイツ語分からなくてもいいようなので、応募してみたら採用されちゃったのです。

 なぜ3年間だったかというと、単純に3年契約だったからです。

 3年間の滞在中はドイツ語は一切勉強せず、夜毎、ドイツの悪口を肴に飲んだくれてホームシックに枕を濡らす、超後ろ向きな日々を送っていました。

 今だからもったいないことしたなと思えますが、当時はただただドイツが、ドイツ人が嫌いで仕方なかったです。

 嫌いな理由は色々でしたが、そのひとつに、ドイツ人の舌バカ加減が許せなかったのが挙げられます。

 寿司を醤油にビッタビタに浸すようにしてみたり、うなぎのたれにつけて食べたり、緑茶に砂糖を入れて飲んだり...といった彼らの行動にいちいち腹を立てていました。

 ちっちゃいなぁ~、私の器(笑)!

 毎日の醤油の減りは尋常じゃなかったです。

 3年住んで、飲めなかったビールが大好きになって、身体もひとまわり大きくなって帰国しました。

 今度は旅行でお気楽に行きたいです。

ドイツ飯



 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記
ドイツ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。